第100回「なかよし会」記念大会

▼2014年7月26日(土)/上海国際(青浦)/曇り時々雨

1997年の初開催以来、のべ約2,500名が参加してきた「なかよし会」が、第100回大会を迎えました。

通常は、規定のハンディキャップによるネットスコアで順位をつける本大会、今回は節目の記念大会ということで、オネストジョン方式により順位を争いました。申告スコアとの誤差上下1打差以内になんと8人がひしめく大接戦を制したのは、見事申告通りの「80」をマークした池田延雄選手。記念すべき大会の優勝を飾りました。また、通常のHC戦では泉覚選手がネット70で勝利しました。

コンペ後は、会場を仙霞路の「金井寿司」に舞台を移して大いに食べて飲み、懇親会を楽しみました。

この「なかよし会」は、元々は特定企業5社の関係者で創設されたコンペ。やがて参加者の制限を取り払い、いまでは誰でも自由に参加できるオープンな会となりました。コンペの舞台は初回からずっと変わらず青浦。かつては落語家の桂三枝師匠が参戦するなど、歴史を重ねた老舗コンペは、現在はほぼ2ヶ月に1度のペースで定期的に開催されています。

興味のある方は
「なかよし会(Nakayoshi-kai)」
 幹事:矢口孝則 nakayoshi@yaguchi-sh.com

宛てにご連絡を。

次回(第101回)は、2014年9月20日(土)、午前6:35スタートで開催予定です。

nakayoshikai_honest
オネストジョン優勝者の池田選手

nakayoshikai_hc
HC戦優勝の泉選手

クラブユーフォ!/BeRIGHT