Vol.3 許認可がなくても2,000万円!? 中国ゴルフ場会員権の「異常」な事態

※当連載は、一季出版が発行するゴルフ業界誌『月刊ゴルフマネジメント』へ、当サイト管理人の野田道貴が寄稿したものを転載しています

中国でゴルフビジネスに身を投じている以上、この国のゴルフが発展してくれることは何よりの願いです。市場が育ってくれないことには、ビジネスどころの話ではないからです。もちろん、ここには成長余地があると信じているからこそ、ややこしい問題を抱えつつも「アウェイ」の地に根を張り、じっと可能性を探っているわけですが、時々猛烈な無力感に襲われることもあることを正直に告白しておきます。この国のゴルフは、永遠に花開かないのではないか? と思うに至る要素はいくらでも挙げられるからです。その一方で、いつの日かブレークスルーが起こるタイミングを信じて待ちわびているというところでしょうか。

では、その時は、果たしていつやって来るのか(あるいは来ないのか)。今回はそんなお話をしてみたいと思います。

ゴルフ場ではない「ゴルフ場」
無許可コースがなぜ成立?

中国のゴルフ場には、正式な許認可を得ていないコースが多いということには前稿でふれました。厳密には「ゴルフ場」と名乗ることができないはずなのに、紛れもなく「ゴルフができる」、しかしゴルフ場ではない場所が、幾百も存在する。まず、この歪みを認識することが、中国ゴルフを読み解く最初の鍵になります。

こっそりと地下で営業するモグリの酒場ならばともかく、ゴルフ場を無許可で作っておいて、誰にもバレないということがありうるでしょうか。筆者はこの原稿を、上海から成田へ向かう機上で書いていますが、その上海浦東空港に隣接する土地に、2010年秋にオープンした「上海東庄海岸ゴルフクラブ」というコースがあります。中国政府としては、2005年以降はゴルフ場の建設許可を一切下ろしていませんから、もちろん「正式な」認可を受けていないコースであることは想像に難くありません(許可がない、と断言できないところがこの国の難しいところでもあるのですが)。事実、このコースの存在を知らない人は、上海のゴルファーの中にも少なくありません。高級メンバーシップコースとして、かなりクローズドな運営がされており、メンバー以外の一般ゴルファーにとってはまず縁のないコースだからです。筆者も、まだ足を運んだことがありません。

とはいえ、筆者が上海に戻るとき、着陸時に機内の窓から目を地上に向ければ、まごうことなきゴルフ場がその視界には入ってくるでしょう。どんなにその存在を隠そうとも、空から見下ろせば一目瞭然、ゴルフコースはどうしたって人の目から隠せるようなものではないからです。

中央政府からの許可を受けていなければ、そんなビジネスは不可能だというのは日本人的な考え方です。この国では、どんなに厳しく禁じられようともそこにはかならず脇道があります。「上に政策あれば下に対策あり」などといわれますが、その「対策」を講じられる者こそが成功者になれる可能性を秘めているのであり、逆説的には「ダメだ」といわれたものに対して「はいそうですか」、と黙ってとうなだれているようでは、中国のビジネス界で生き延びていくのは難しいのかもしれません。

2000万円の会員権に
相応の価値はあるのか?

政府から正式な許可を得ていないゴルフ場がある。このこと自体、日本人的感覚では信じられないかもしれません。でも、それが中国では平然と存在しています。

そして、たとえばそういった「無許可」のコースの会員権が、2,000万円するといわれたらどうでしょうか? 事実、高騰を続ける中国ゴルフ場の会員権は、100万元(約1,700万円)クラスの価格がついているものがいまや珍しくありません。もっとも、日本のように流通市場が整っているわけではないので、それはあくまで「参考価格」として考えた方がいいのかもしれませんが、上海近郊には100万元をくだらないコースが多々存在しているのです。そして繰り返しますが、それらは「ゴルフ場」としての許可を持ち合わせていない場所だったりします。  

この国ではすべての土地は国家の持ち物です。ゴルフ場とて例外ではなく、借地の上に作られています。つまり、国家が保有する土地が賃貸され、そこに営業許可が与えられて初めて成り立つものです。ところが、その許可がないとなると、「ゴルフ会員権」とはいったい何なのでしょう? それはつまり「ゴルフ会員権のようなもの」が、高額で取引されているということでしかありません。将来にわたり何らかの権利が確実に保証されているものではないと考えるのが妥当です。

次のページへ▶

クラブユーフォ!管理人・野田道貴