VOL.41 堀琴音&奈津佳の美人姉妹、2015年の運命やいかに!?

こんにちは。
STRコミュニケーション協会の森松信樹です。

2月4日の立春から、STRの診断結果の運気が変わりました。10年ごとに回ってくるそれぞれの運気を、どう使うかで生活の質が変わってきます。これからの1年がどんな運気かはコラム最後にお伝えしたいと思いますね。

3月6日、国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」がスタートします。

賞金女王に輝いたアン・ソンジュをはじめ、森田理香子、大山志保、上田桃子といった歴代女王に加え、成田美寿々、香妻琴乃、鈴木愛といった伸び盛りの選手たちも参戦予定です。また米国女子ツアーを主戦場とする横峯さくら、宮里美香、上原彩子、有村智恵らの参戦も決まり、シード選手全50名が顔を揃えます。

さらに、平野ジェニファー、松森彩夏、江澤亜弥、大西葵ら昨年のプロテストに合格した新人たちも参戦。ニューヒロイン候補が綺羅星のごとく登場する女子ツアー、ルーキーたちの活躍が期待されます。

そんな中から今回は、昨年プロテストに合格し、アマチュアとして臨んだ7月「ABCレディース」と、10月ステップアップツアー最終戦「京都レディースオープン」で2勝した堀琴音と、姉の堀奈津佳を取り上げようと思います。

堀 琴音 1996年3月3日生まれ>

【宿命:尊】(生き方。人生のシナリオ)
常識や世間体、家柄や社風などを気にして、みっともない事はしない優等生タイプ。堅苦しく感じられる所もありますが、ダラダラしたいい加減な事は許しません。何事に対してもクオリティーの高さを求めます。時代の変化や新しい思考には迎合しませんが、安定を求める姿勢が信頼を得ることとなります。

【心:□1地】(本質。家族や恋人から見た人柄)
飄々としていて、つかみ所がない女性。普通の女性の幸せや平凡な日々はまっぴらごめんのゴーイング・マイ・ウェイな人。その為無神経で図々しいイメージを持たれがちです。その気がないのに、あてつけや意地悪をしているようにも見え、相手が勝手に気分を悪くしている事もあります。ただ誰にでも同じように接するのを分かってもらえると、正直さも伝わり、開けっ広げな付き合いができるようになります。

【適応値:L18】(ストレスの受けやすさ)
ストレスを溜めやすい傾向にあり、発散することが苦手です。一見、誰にでも同じように対処しているように見えますが、力関係によって背伸びしたり、虚勢を張ったり、精一杯対処しようとする傾向があります。

堀 奈津佳 1992年7月6日生まれ>

【宿命:義】(生き方。人生のシナリオ)
義理人情に厚くて、困っている人を見過ごしたりできない、大変面倒見の良い人です。夢やロマンティックなムードよりも、日々の現実を充実させる事に関心があります。思考も行動も現実的で、過去も未来も現実の為なのです。現実に対応する処理能力はピカイチで、頭の回転も速い。

【心:○4雨】(本質。家族や恋人から見た人柄)
誰に対しても優しく、いたわる気持ちを忘れない女性。態度も控えめで、マナーを心得ています。細やかな気配りで、他人の気分を悪くするような事はできるだけ避けようと心がけています。自分の気持ちを進んで言おうとせず、相手に調子を合わせられる社交的な面もあるので、そこを調子が良く優柔不断ととられてしまうことも。しかし友人関係は広い方です。

【適応値:H25】(ストレスの受けやすさ)
団体生活での常識や社会の規範の中では少々適応値が高すぎます。上下関係においては、自分より数値の低い人にストレスを与え、意思が思うように伝わらず、仕事でぎくしゃくしてはかどらない事もあります。

 ・・・・・

父親の勧めで、姉・奈津佳は小学校4年のときにゴルフをはじめます。中学2年から江連忠に師事し、徳島から神戸の江連忠ゴルフアカデミーまで毎週通っていました。2008年のJGAジュニアメンバーに入り、2009年から2年間ナショナルチームメンバーとして海外での試合も経験します。

2011年のプロテストに一発合格し、2012年はステップアップ・ツアーで2勝。2013年3月の「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」でレギュラーツアー初優勝を飾ります。「同じ失敗をしないように」との思いから、高校1年生の頃から毎日欠かさずゴルフノートをつけ、30冊を超えた現在も継続しています。

そんな奈津佳の心「○4」は、STRの診断で一番優しい心の持ち主です。相手を尊重し、控えめな行動、気配りが上手です。もう少しだけ自己主張してもいいぐらいですね。宿命「義」も、サービス精神旺盛で、世のため人のために働く人です。

2013年に優勝したアクサレディスゴルフトーナメントで、初日、フェアウェイとラフでボールを無罰で拾い上げて拭ける特別ルールを、プリファードライと間違えて、ボールを移動させる違反をしてしまい「後悔だけはしたくなかった」と号泣しながら競技委員に自己申告をします。自分にも他人にも嘘のつけない「○」らしい対応でした。

一方、妹の琴音ですが、姉と一緒に小学校1年のころからゴルフをはじめます。2010年「四国ジュニア」優勝。2011年「関西ジュニア」優勝。「第66回国民体育大会」優勝。2012年にナショナルチーム入ります。2013年「日本ジュニアゴルフ選手権」優勝をし、兵庫・滝川二高を卒業後にプロ入りします。

京都レディースオープンで優勝時のこと。
「本当に、本当にうれしいです。アマチュアで優勝した時よりも何倍もうれしいです。“絶対優勝してやる”って気持ちで勝ちに来て、勝てたのがうれしい。お母さんの誕生日が10月17日で『プレゼント、何がいい?』って聞いたら『京都レディースオープンの優勝が欲しい』と答えたので、この優勝がお母さんの誕生日プレゼントですね。姉は同じ年にステップで2勝したけれど、姉は2年目で、私は1年目で2勝したから私の方が早いんですけどね(笑)。でもこれでちょっとは姉に追いついたかな」
とコメントしています。

琴音の心「□1」ですが、人とは変わった方法で一番を取りに行くタイプです。競い合って伸びるというより、オリジナリティを発揮して勝つタイプですね。それでも「□」の人は、他人との比較が好きなので、姉との勝ち負けには敏感です。適応値が低いので、ワガママに行動しても丁度いいぐらい。ただ、宿命「尊」の高飛車なところが出てしまうと嫌われるかもしれません。

姉妹の相性ですが、姉「雨」から妹「地」をみると「親分」。妹から姉をみると「子分」の関係になります。

優しい姉が、ちょっと変わった妹のワガママを聞いている間は上手くいくでしょう。ただ「○4」の我慢強さの限界がくると、適応値も姉の方が大きいので、反動が凄そうです。妹の琴音は極力、姉奈津佳の優しさを褒めて、短い時間でも一緒に行動すると良い関係になれます。

最後に運気ですが、2月 4日の立春以降は次のような運気になります。

「木」→ 発期・費 生き方や将来に迷いがでてくる、金銭感覚がなくなる年
「花」→ 発期・活 新しい環境を求め積極的に動く年
「陽」→ 耕期・吸 良い悪いの結論がでる、計画を立案する年
「火」→ 耕期・整 将来のために仕事・人間関係などの再評価をする年
「山」→ 穫期・結 社会的な信頼が高まる、人脈や課題が整備される年
「地」→ 穫期・変 転勤や引越し、方針転換など環境の変化が大きい年
「鉄」→ 咲期・実 今までの成果が出る、金銭的・物質的に潤う明るい年
「金」→ 咲期・好 人との交流のチャンスが多い、モテモテの年
「海」→ 成期・焦 感情の起伏が激しく、何事にもイライラする年
「雨」→ 成期・安 精神的にゆとりができ、のんびり過ごせる年

ぼくは「海」なので「イライラの年」です。集中力が高まる年でもあるので、文章を書いたり、アプリケーションを仕上げるには丁度いいですね。怒りっぽくなった時の対処法をしっかりと覚えておけば大丈夫でしょう。

他の運気も、うまく時流に乗るように過ごせれば、思い描く未来像に一歩二歩と近づけることでしょう。

いかがだったでしょうか?
簡易タイプ診断で、上記の記号は分かりますので試してみてください。
STRコミュニケーション協会

それではまた来週♪

堀 奈津佳オフィシャルサイト

STRコミュニュケーション協会CIO・森松信樹