VOL.37 プロ50周年の青木功さんと、尾崎将司の関係性

こんにちは。STRコミュニュケーション協会の森松信樹です。

今年ももうすぐ終わってしまいますね。毎年思いますが時間が過ぎていくのが早いです。

4月から始まったこのコラム、色々と書いてきました。スタートはSTR(素質適応理論)のご紹介からでした。

「○□△」とたった3タイプですが、それぞれにポイントとなる価値観や考え方があり、それを知ることでコミュニケーションが格段にしやすくなります。

VOL.13 タイプ別ゴルフコンペ必勝法なんていうのもありました。

プロゴルファーを取り上げたものだと、
VOL.9 快進撃の宮里優作&3兄妹の相性
VOL.14 横峯さくら惜しくも結婚後初Vならず〜結婚の相性は!?
VOL.20 イ・ボミの今季3勝目の影に、キャディの清水重憲さんの存在が
VOL.27 熱愛発覚の森田理香子、14歳差のお相手との相性はバッチリ!?

不思議なもので、価値観は違えども惹かれ逢う人っているもんです。逆にどうしても理解できない人もいるんです。それを逆手にとって活用できると、生活の質や幅も増えますよ。

あと、運気。
VOL.21 3年ぶりツアー優勝、「年間10勝」目指す上田桃子に上昇の兆しアリ!?
VOL.26 遅れてきた中年の星・藤田寛之、2度目の賞金王獲得なるか!?
VOL.30 日本男子ツアー賞金王争い、「最終戦まで全部勝つ」と息巻く小田孔明

調子の良い年、悪い年、それぞれ課題をもって取り込むことで、素質が磨かれていきます。もしそれを怠ると、翌年以降に響いてくるようです。

さて、総集編的にこれまでの連載を振り返ったところで、今年最後の診断です。プロ生活50周年を迎えた「世界の青木」こと青木功さん。と、永遠のライバル・尾崎将司を見てみたいと思います。

青木 功 1942年08月31日生まれ>

【宿命:義】(生き方。人生のシナリオ)
義理人情に厚くて、困っている人を見過ごしたり出来ない、大変面倒見の良い人です。現実に対応する処理能力はピカイチで、頭の回転も速い。お金や時間を人に提供出来る物を持っている。基本的に親切なので、家庭でも人間関係でも、平和で穏やかな状況を作り出して行くでしょう。

【心:○3陽】(本質。家族や恋人から見た人柄)
誰とでも仲良くできる男性。しかし、ふとした時に引っ込み思案な感じや頼りない印象を感じさせることもあります。格好イイこと大好きなアーティストタイプのこの人は、デリケートな感性や本能的な直感で行動します。夢や理想は大きく、トップに立っている自分を想像していますが、決断力や行動力が乏しく、また努力や根性がこの人の世界にはないので、なかなか本来の力を発揮できません。

尾崎 将司 1947年01月24日生まれ>

【宿命:激】(生き方。人生のシナリオ)
正直で一本気。単純であれこれ細やかな神経を使うのは不得意です。人を疑う事を知らない純粋さを持って、直情型で喜怒哀楽を隠しません。行動が先で思考が後になる。更に言えば行動の中から理性・判断を引き出すアクティブタイプです。

【心:□3雨】(本質。家族や恋人から見た人柄)
相手の立場を考え、いつも気遣いを忘れないマメな世話好きの男性。その場その場で全力投球する姿は、手を抜かない努力家の印象を周囲に与えています。争いやトラブルは苦手。それを回避する為に、自分を押し殺して容易に本心を明かさないので、孤立する事があります。マイペースであっけらかんとした所が、無責任と批判される事があります。

 ・・・・・

12月19日に行われた「青木功プロ生活50周年を祝う会」には、安倍晋三、長嶋茂雄、北島三郎ら、約800人が集まったたと報じられています。青木さんの宿命「義」はとても人付き合いのよい人気者です。また心「○3」も、少し近寄りがたい雰囲気をもっていますが、実は周りを気遣って楽しませるリーダータイプ。「陽」のほんわかとした明るさも加わっているみたいですね。

対する尾崎さん、宿命「激」はハリウッド映画のような急展開をする人生です。国内で青木さんと競っていましたが、暴力団との交際や、銀座豪遊などスキャンダルが出て、さらに、バブル期に手を出したゴルフ場開発などの副業がことごとく失敗。30億円以上とも言われる生涯獲得賞金を失うことになりました。

長く確執がある二人ですが、その相性は「他人の関係」です。そもそも分かり合えない二人だったんですね。

この場合、無理して相手の価値観を変えようとするのではなくて、「そう思ってるんですね」ぐらいに承認してあげると良いです。

ビジネスで上司や部下が「他人の関係」だった場合、自分にはないアイデアを出してくれる相手ですので、意見を聞くのは良いです。決して論破しようと思ってはダメですよ。

いかがだったでしょうか?

STRの無料素質診断はこちらです↓色んな人で試してみてください。
STRコミュニュケーション協会

今年のコラムはこれでおしまいです。また来年もどうぞよろしくお願いします。

STRコミュニュケーション協会CIO・森松信樹