VOL.36 来季は米ツアー挑戦、中国ゴルフ界期待の新星・李昊桐(リー・ハオトン)

こんにちは。STRコミュニュケーション協会の森松信樹です。

日本での賞金ランキング競いも終わりました。まだまだ中国ツアーの注目度は低いですが、ゴルフ業界の凋落が激しい日本とはうってかわって、中国では富裕層を中心にゴルフ熱が高まっています。

そんな中、2014年PGAツアーチャイナシリーズで賞金ランキングを制したのは、弱冠19歳の李昊桐(Hao-Tong LI)選手です。

183cmの長身を包むウェアにはナイキのロゴが飾られています。昨年6月から彼は、張新軍(チョウ・シングン)と一緒に、中国人として初めてナイキと総合契約を結んでいます。

BMWマスターズ、HSBCチャンピオンシップなどでも好成績を残した李選手を、今日はSTR診断してみたいと思います。

李 昊桐 1995年08月03日生まれ>

【宿命:夢】(生き方。人生のシナリオ)
鋭い感性とデリケートで傷つきやすい神経を持ったロマンティストです。孤独を愛する反面、寂しがり屋で束縛されることを嫌い、人の好き嫌いも激しいので、対人関係で苦労するかもしれません。表現や伝達が無形の物になりやすい為、空想の世界に思考が駆け巡る。

【心:□3陽】(本質。家族や恋人から見た人柄)
潔く大胆な男らしい印象を与える男性。明るく知的な雰囲気と相手の気持ちを察して気配りや出方を変える処世術で、人の心をしっかり捉えています。洗練された口調から、合理的すぎる考えで人情や人付き合いに疎い所や本音を明かさない部分がとらえどころがない人と思われがちでもあります。自分の目的に関しては、人並み外れた集中力で手段を選ばず成功させる勝負強さが特徴です。

【頭:△1】(考え方。仕事の時の様子)
ーを聞いて十を知るほどの鋭い感覚を持ち、呑み込みが速く、やることが速い。自由奔放で気ままに生きたい精神性を持ち、型にはめられた窮屈な生活を嫌う。意思決定が速く、とっさの状況判断に優れ、変化に応じて創意工夫するのが得意。

【適応値:H10】(ストレスの受けやすさ)
団体生活で生きて行くのにマッチした人と言えます。規範に従うことにあまり抵抗を感じません。男性、女性ともに会社などの組織で働く事を無難にこなします。

 ・・・・・

湖南省出身の彼は、お父さんの影響で10歳からゴルフを始めます。韓国の軍隊式と言うほど厳しいスパルタ方式で学んでいきます。

アマチュア時代は、「2008年 FALDOアジアカップ・上海優勝」「2009年 HSBCジュニア・北京優勝」「2010年 HSBCジュニア・広州優勝」「HSBCジュニア・深圳優勝」と、華々しい戦績を上げています。2011年の「ワンアジア・南山中国マスターズ」ではベストアマチュアに選出。2010年と2011年には中国のナショナルチーム代表に選ばれます。

2013年には、「オーストラリアンPGA選手権」で39位タイ、「ニュージーランドPGA選手権」で5位タイに。そして今年から始まったPGAツアーチャイナでは、9月末に行われた河南オープンで初優勝を飾ります。

10月の「ワンアジア南山中国マスターズ」では、単独首位からスタートし、4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容ながら、通算9アンダーで後続に4ストローク差をつける完勝でタイトル獲得します。

長身をしなやかに使って300ヤード以上を軽々飛ばす姿がここの映像で確認できます。

2014美巡中国系列赛武汉站开杆 小将李昊桐参战

心「□3」は、目の前の短期勝負に強いタイプです。□はライバルがいるとより一層燃えます。スパルタ式で鍛えられたのも、彼の対抗心を煽るには良かったと思います。

史上最年少優勝した「南山中国マスターズ」での最終18番、やや右に出たティショットがラフで跳ね、隣のカート道を転がり球が止まります。「カート道で跳ねたのか?」と周囲に確認し、救済ドロップするライが悪いと判断すると、そのままカート道から第2打目を打ちました。頭が「△1」なので、飲み込みが早いところ、直感力に優れている所は、刻々と状況が変化するゴルフでは、強みを発揮するでしょう。

「私の将来の目標は世界ランキングのTOP50に入る事です。」とプロ転向するときに話しています。ゴール設定を明確にする□らしいですね。

今回賞金王になったことで、来シーズンからはアメリカでプレーできるようになりました。日本のシード選手が苦労してウェブドットコムツアーのQスクールに挑戦しているのとは対照的です。

授賞式でも「ウェブドットコムツアーでプレーできることを楽しみにしています!」と嬉しそうに宣言した李選手、これからの活躍を見守りたいですね。

いかがだったでしょうか?

STRの無料素質診断はこちらです↓色んな人で試してみてください。
STRコミュニュケーション協会

それではまた来週。

STRコミュニュケーション協会CIO・森松信樹